福永春吾さん 「阪神タイガースドラフト」6位指名お祝いの会開催!

「関西文化芸術学院」は「クラーク記念国際高等学校奈良キャンパス」とも呼ばれ、生徒たちはクラーク記念国際高等学校の通信制に同時入学しています。一方、クラーク記念国際高等学校のみに在籍し、それぞれが有効に時間を使い、スクーリングに通って高卒資格を得る生徒もいます。
そんな生徒の中から、この秋ビッグニュースが届きました。クラーク高校奈良キャンパスの卒業生である福永春吾さんが、今年度のプロ野球ドラフト会議にて阪神タイガースより6位指名の受けたのです! 福永さんは大阪出身で、中学卒業後は高校野球の名門校に入学、背番号1を背負い期待されていました。しかし度重なる怪我が原因で野球を断念。高校も退学して、クラーク奈良に移ってきました。在学中はバイトやトレーニングをしながらチャンスをつかみ、本校卒業時には大阪の独立リーグの球団に所属。その後もずっと努力を続け、四国アイランドリーグで2年連続奪三振王にも輝いた、タイガース期待の星です。
そんな福永さんのために先日本校で「ドラフト指名お祝いの会」を開催し、現在所属する「徳島インディゴソックス」の球団社長の方と共に来校してくれました。鍛え上げた身体は在校当時とは見違えるほどたくましく、卒業以来4年間必死で努力を続けたその言葉は、我々の心に響いてくるものがありました。
関西文化で学ぶ「芸術」と、福永さんの「スポーツ」との違いはあっても、「自分が打ちこめるものをひたむきに追い続ける」という点では何ら違いはありません。これからも福永さんの活躍を応援していきます。

芸術とスポーツとの違いはあっても「打ち込む」ことに違いはありません

夢に向かって努力し続けた福永君の言葉は生徒たちの心にしっかり届きました

MAX152㎞の速球を武器とする本格派投手です