甲子園球場で提携校を応援

本校の提携校である「クラーク記念国際高等学校」の北海道本校の野球部が、北北海道地区代表として甲子園に初出場しました。しかも創部3年目での出場という快挙です。
試合当日は野球部の生徒達を応援するために、全国に広がるクラーク高校の各キャンパスの生徒たちがアルプススタンドに大集合。関西文化芸術学院の生徒たちも、第一試合ということで早朝に家を出て、ある者は始発電車に乗って甲子園に集合し、全国の仲間たちと一緒に精一杯の後押しをしました。
結果は残念ながら初戦敗退となりましたが、我々の応援もきっと選手たちに届いたはず。あの大舞台で素晴らしい戦いを見せてくれた仲間たちの頑張りに、本校生徒も大いに刺激を受けた1日になりました。

選手たちのはつらつとしたプレーに心を打たれました

アルプススタンドに駆けつけた本校生徒や保護者のみなさん