マラソン大会 ~練習の成果を発揮~

毎年行われている恒例の体育行事、「マラソン大会」を実施しました。生徒たちは大会に向けて体育の授業で持久走に取り組み、毎週男女別で発表される全校の上位記録を見てお互い競い合ったり、それぞれの自己記録の更新をめざしたりしながらこの日に臨みました。
奈良市の鴻ノ池運動公園で保護者の方々にもコース管理を手伝っていただきながら、快晴の中「マラソンの部」と「駅伝の部」の2部門の競技が行われました。
まずは「マラソンの部」からスタート。鴻ノ池陸上競技場をスタート地点としてまずトラックを1周し、周回コースへと飛び出していきます。それぞれが本当に一生懸命に走り、今までの練習の成果を発揮しています。男女ともに同じ距離を走り、それぞれ上位10人には賞状が、1位から3位にはメダルも贈られました。
「駅伝の部」は、「マラソンの部」で全員がゴールした後にスタート。各クラスで選ばれた男女2人ずつ4人の出場選手が、たすきをつないでいきます。大半の出場選手はマラソンの部にも自主的に参加。クラスメートから声援が送られる中、ゴールの際には仲間たちがアンカーと並走するなど、「駅伝の部」には一体感があふれていました。
昨年の順位を上回ったことを嬉しそうに話す生徒、お互いの頑張りをたたえ合う生徒など、それぞれが精一杯の力を出せた一日になりました。

運動公園内の周回コースで実施

「駅伝の部」は陸上競技場内でタスキをリレーします

3年2組が「駅伝の部」優勝!